Retrovirus
MAINLOG

Since 2001.02.16 Japanese versiton Only.

呼び声(真・三國無双)

「……陸遜」

 名を呼んで、口の中でそれを噛み締めた。
 いつもいつも口にしてるのに、言葉にする度に顔が緩んでしまう。

「……陸遜」

 暗い自室の寝室で小さく膝を抱えて、クスクスと笑いながら名前を呼んだ。
 一体何が楽しいんだろう。
 ただ、名を呼ぶだけの行為なのに。
 胸がドキドキして、でも幸せな気持ちになる。

「……陸遜」

 もう何度声に出したかわらない。
 でも。
 回数を重ねる程、愛しさは増してくる。

 きっと、恋してる。
 そう言ったら、彼はどんな顔をするだろう。
 あなたを愛してた。
 そう言われたら、あたしはどんな顔をすればいいんだろう。

「……陸遜」

 閉じた瞼の向こうに浮かんだ彼の背に呼び掛けた。
 あたしは、幸せよ。
 あなたが側にいなくても。
 あなた以外の人が側にいても。

「……陸遜」

 抱えた膝に顔を埋める。
 泣きたくなんてない。
 泣けば、全てを諦めてしまいそうだから。

 最後に見たのは、彼の後ろ姿。
 結局、最後まであたしを見てはくれなくて。
 だからあたしも背を向けて。
 一歩、二歩と離れていく距離を感じながら。
 ずっと、あなたを呼んでいたのに。

「……陸遜」

 この声は、届いてますか?
 この心は、届いてますか?
 あなたの声は。
 あなたの心は。
 あの時、ちゃんとあたしに届いたよ。

「……陸遜」

 静かな部屋にあたしの呟く声だけが響く。
 冷たい部屋に言の葉だけが積もって行く。

「……陸遜」

 もう一度呟いて。
 あたしは。
 ぎゅっと、自分を強く抱き締めた。

▲PageTOPへ